それは、水戸サポーターにとっても誇らしいニュースだった。

2017年6月15日、サンフレッチェ広島所属の塩谷司がUAEの強豪アル・アインへ移籍することが発表されたのだ。大学時代まで無名だった塩谷を発掘したのが水戸ホーリーホックであるのは有名な話で、その後のサクセスストーリーはご存知の通り。

塩谷に限らず、水戸で才能を開花させ栄転していくプレーヤーは多い。今回は、“Jリーグ屈指の育成機関”である水戸から羽ばたいたベストイレブンを選考してみたい。

なお、システムは現チームの基本形である中盤フラットのオーソドックスな4-4-2を採用する。

GK部門「選考が最も難しいセクション」

早速ゴールキーパー部門から決めていきたいところだが、選考が最も難しいセクションである。なぜなら、“水戸のレジェンド”本間幸司が長年レギュラーを張っており、そもそも試合に出場した選手自体が少ないからだ。

強いて候補を挙げるとすれば、現在東京ヴェルディでプレーする武田博行、昨年までツエーゲン金沢の守護神だった原田欽庸。もしくは、2014年に浦和レッズに引き抜かれた岩舘直。

ここは金沢への貢献度の高さから原田を推したい。

原田欽庸

現チームの守護神・笠原昂史も今後強豪チームへステップアップをするかもしれない。更なる成長を求めて水戸を離れるのか。それとも、新たなレジェンドになるのか。移籍の噂が出る度にサポーターをやきもきさせるのは間違いない。

【次ページ】CBは日本代表経験者2人!