かつてセレッソ大阪や大宮アルディージャなどでプレーしたブラジル人FWホドリゴ・ピンパォン。彼は現在ブラジル1部のボタフォゴに所属している。

そのホドリゴ・ピンパォンが全国選手権第8節シャペコエンセ戦でゴールを決めた。

右からのクロスが抜けてきたシーン。相手DFのクリアミスだったために、うまく反応できなかったものの、股間?に当たったボールがゴールに転がり込んだ。

全8試合に先発してきたホドリゴ・ピンパォンにとって、これが今季1部リーグでの初ゴール。ただ州選手権なども含めると、2017年は26試合で6ゴール5アシストをマークしているそう。

なお、この試合は2-0でボタフォゴが勝利している。