『Lattenkreuz』は18日、「シュトゥットガルトのスポーツディレクターを務めるヤン・シンデルマイザー氏は、FW浅野拓磨が来季も残留すると宣言した」と報じた。

昨年サンフレッチェ広島からアーセナルに移籍することが決まった浅野拓磨。しかし労働許可はまだ取得できておらず、今季はドイツ2部のシュトゥットガルトにローン移籍した。

アーセナルとの契約は2018年夏までとなっているが、現在のところイングランドに行ける条件は整っていない。

そして今回シュトゥットガルトのSDであるシンデルマイザー氏が以下のように話し、浅野が来季もドイツで戦うことを明言した。

ヤン・シンデルマイザー

「浅野拓磨は我々と共に次のシーズンを戦うことになるよ。我々は浅野、彼の代理人、そしてアーセナルと会談をした」