今年ヴァスコ・ダ・ガマで自身初となるブラジル1部リーグに挑戦しているイアゴ・ピカチュウ。

小柄ながら驚異的な得点力を誇る25歳の右サイドバックだ。ただ、ヴァスコではDF登録ながら、一列前でも起用されている模様。

そんなピカチュウは全国選手権第8節、アヴァイ戦でゴールを決めた。

左サイドをブチ抜いたネネーからのクロスを押し込んだ形。

動画では見切れてしまっているが、右からのダイアゴナルランで、ゴール前に思いっ切り突っ込んできている。そのポジショニングはまるでCF!

ただ、FWルイス・ファビアーノが空けたスペースをしっかり狙っており、得点を奪える確かなセンスを持っている。

そして、この試合でも右SBではなく、一列前で起用されていたようだ。試合もこれが決勝点となり、1-0でヴァスコが勝利している。

なお、ピカチュウにとっては、第2節バイーア戦以来となるゴール。リオデジャネイロ州選手権でも11試合3ゴールとさすがの得点力をみせている。