『Express』は22日、「レスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズは、アーセナル移籍を希望している」と報じた。

今季限りでレスター・シティを離れる可能性を示唆しているマフレズ。

2015-16シーズンにクラブを驚きのプレミアリーグ優勝へ導いた彼に対しては、多くのクラブが関心を寄せているという。

チェルシー、リヴァプール、そしてバルセロナ。それらの名前がメディアを飾っており、オファーには事欠かない。

しかし、アルジェリアのメディアである『Le Buteur』は「マフレズの希望はアーセナルである」と報じているという。

その理由はやはりアーセン・ヴェンゲル監督の存在であり、アーセナルのほうがよりスタメン獲得の可能性も高いと考えているようだ。

ただ、その一方でマフレズはチャンピオンズリーグでのプレーを求めており、その点でリヴァプールとチェルシーを排除することが出来ずにいるようだ。