本日7月1日から本格的に移籍マーケットがスタートする。

ここでは、『Squawka』による「史上最高のフリー移籍」を見てみよう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(元スウェーデン代表FW)

移籍:PSG→マンチェスター・ユナイテッド

シーズン:2016年

評価:7/10

理由:PSGを退団したイブラは、ジョゼ・モウリーニョに説得され、ユナイテッドで自らを試すことにした。年齢などを不安視する声もあったが、開幕直後のゴールラッシュでそれらを払拭。

ゴール欠乏に陥る時期もあったが、全コンペティションで計28ゴールをマークした。ただ、4月に靭帯を損傷する重傷を負ったことでシーズンが終了。

もしこの負傷がなければ、ユナイテッドにもう1シーズン留まったかもしれない。とはいえ、彼がフリー移籍で獲得できた掘り出し物であったことには違いない。

ソル・キャンベル(元イングランド代表DF)

移籍:トッテナム→アーセナル

シーズン:2001年

評価:8/10

理由:ボスマン移籍(フリー移籍)において最も物議を醸したケースかもしれない。キャンベルがトッテナムを離れアーセナルに加入すると発表した際、フットボール界は仰天した。

スパーズサポーターから“ユダ”と呼ばれることになったが、2004年の『インヴィンシブル』において欠かせぬ存在となるなど、宿敵への移籍という決断は正しいものだったと証明された。

アーセナルでは一貫してレギュラーであり続け、2006年のCL決勝ではバルセロナ相手にゴールも決めた(試合には敗れたが)。その数週間後に一旦は退団するも、数年後にアーセナルの守備陣が危機的状況に陥ると、アーセン・ヴェンゲル監督は彼を連れ戻すことにした。

【次ページ】香川の元同僚も!