ズラタン・イブラヒモヴィッチの退団が正式に決まったマンチェスター・ユナイテッド。

将来を担う逸材マーカス・ラッシュフォードという存在はいるものの、彼ひとりでシーズンを乗り切ることはできない。

ここでは、『Squawka』による「次のユナイテッドの『9番』にふさわしい4人の候補」を見てみよう。夢、現実案、ワイルドカード、独自案の4選といった感じだ。

夢:ロメル・ルカク

ロメル・ルカク

所属/国籍:エヴァートン/ベルギー代表

予想されるコスト:1億ポンド(140億円)

キースタッツ:今季プレミアリーグにおいて『決定機』で18ゴールを記録。これはリーグ最多

評価:

彼は欧州で最も誤解されているストライカーのひとりだ。190cmの長身であることから、しばしばターゲットマンだと思われている。

ただ、彼が優れているのは、DFを打ち負かすランニングや足元のボールプレーだ。ポール・ポグバやヘンリフ・ムヒタリャン、フアン・マタらがスルーパスを出す相手として楽しめる選手だろう。

ルカクを今夏引き抜くには相当な金額が必要になるだろうが、彼自身もロナルト・クーマン監督も売却についてはほとんど拒絶はしていない。

ユナイテッドとしての別の問題は、彼の古巣であるチェルシーからの関心だろう。ジョゼ・モウリーニョによって売却されたルカクを、アントニオ・コンテ監督は大きな補強ターゲットにしていると考えられている。

【次ページ】バイアウト額は120億円!