5日に行われたJ1第13節の未消化分。

ガンバ大阪対鹿島アントラーズの試合は、遠藤康の技ありシュートが決勝点となり0-1で鹿島が勝利した。

上位対決ということで激しさを見せたこの一戦。

試合終了間際、ガンバ大阪にビッグチャンスがあったのだがこの攻防が見応えあるものだった(04:23から)。

0-0で迎えた後半アディショナルタイム、遠藤保仁のコーナーキックからチャンスを作ったG大阪。

三浦弦太がヘディングでボールに合わせると、これがレオ・シルバの体に当たり、G大阪の選手がシュート!一度はGK曽ヶ端準に防がれるものの、これに合わせたのが最後のチャンスということでオーバーラップしてきていた東口順昭。

GKのダイビングヘッドというなかなか見られないシーンではあったが、最終的には曽ヶ端がボールを押さえ込み、鹿島がこのピンチを防いだ。

ダイビングヘッドの直後、東口が曽ヶ端に突っ込んだことで両チームの選手たちはややヒートアップ。結局ゴールにはならなかったものの、ゴールを巡るシーンということで両チームの選手ともアドレナリンを抑えることができなかったようだ。

結局試合はこの直後にタイムアップとなり、鹿島が0-1で勝利。

最後のチャンスを活かすことができず4位という順位で後半戦に折り返すことになったG大阪の遠藤は、最後のプレーについて「ラストはよくソガ(曽ヶ端準)が反応したと思います」と同世代の相手GKを褒めていた。