大木武監督の下で生まれ変わったFC岐阜。

ここまでJ2で18位と低迷しているが、とにかくボールを繋ぐ攻撃的なサッカーはファンの心を掴んでいる。

そんな岐阜は先週末、京都サンガをホームに迎え入れ3-2と勝利。その2点目は、素晴らしいパスワークから生まれた。

1-2とリードされ迎えた46分、ボールを持ち運んだ福村貴幸が左サイドから中央へパスを入れると、ここからテンポ良くパスが繋がる!

古橋亨梧、小野悠斗、難波宏明が有機的に絡むと、最後はフリーになった大本祐槻が右足を振り抜き同点ゴールが決まった。

いかにも岐阜らしい巧みな連携であったが、このプレーに誰よりも興奮していたのは大木武監督だった。

試合について「良いゲーム」と振り返ると、そう評価した理由について問われ以下のように答えた。

大木 武(FC岐阜監督)

「端的に言えば、2点目なんてすごかったですよね。

ベンチで、『すげーな』と声を上げてしまいましたから。ただ、これぐらいやれるんだとも思いました。

そして、1試合通じて素晴らしかったと思います」

思わず「すげーな」という声が漏れるほど、会心のゴールであったようだ。

※カバー画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています