先週末、徳島ヴォルティスに0-2で敗れた名古屋グランパス。

この日は17本のシュートを放つなどいくつか決定機もあったのだが、徳島GK長谷川徹の好セーブに阻まれゴールを陥れることはできなかった。

そんなこの試合では、田口泰士が鋭いパスを見せていた(03:33から)。

0-2とリードされ迎えた70分、敵陣でボールを持った田口がこの縦パス!

針の穴を通すように正確であり、それでいてワンステップでこれだけ強いボールを蹴ることができるのがこの選手の武器だ。

このパスコースが見えているのは凄い…。流石は「日本のチャビ」と呼ばれるだけのパサーである。

結局このシーンはオフサイドではあったが、田口と杉森考起のホットラインは名古屋の得点パターンの一つである。

田口は前半、こんな強烈なミドルシュートも放っていた(01:02から)。

※カバー画像および記事中の画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています