本日15日に埼玉スタジアム2002で、浦和レッズとプレシーズンマッチを行ったドルトムント。14日には香川真司の2020年までの契約延長という朗報がもたらされた。

そのドルトムントが来日前の13日に、2017-18シーズンに向けた新しい“STEP OUT”アウェイユニフォームを発表した。

Pumaは全世界で契約する23のクラブによる、ダークカラーを共通デザインとした、アウェイまたはサードユニフォーム「STEP OUT」キャンペーンを展開している。

ドルトムント 2017-18 新ユニフォーム

ドルトムントはマルク・バルトラをモデルに起用して、ホームスタジアムであるジグナル・イドゥナ・パルクを背景にアウェイユニフォームを披露。

力強くソリッドなルックで、選手もサポーターも自信を持って敵地に乗り込む。これが“STEP OUT”のデザインコンセプトだ。

Borussia Dortmund 2017-18 Puma Away

ドルトムント 2017-18 新ユニフォーム

ダークカラーがコンセプトの“STEP OUT”だが、ドルトムントにとっては定番のアウェイ(またはサード)キットのカラー。スポンサー「EVONIK」のロゴはホワイト単色とし、全体的にブラック、イエロー、ホワイトの3色でまとめている。

ドルトムント 2017-18 新ユニフォーム

背面の首元には「BVB」をプリント。Ballspielverein Borussiaの略で、ボルシアの球技クラブ(または球技団体)の意味。

ドルトムント 2017-18 新ユニフォーム

マルセル・シュメルツァーも着用モデルに。こ゚の写真でのパンツの色は、ホームユニフォームと同じイエローを着用している。

14日の夜に行われた公開練習で着用したが、パンツの色はブラックだった。新しいアウェイユニフォームはすでにクラブ公式ショップ、メーカー公式ショップなどで販売が始まっている。