欧州では新シーズンに向けて各チームが続々とスタートを切るこの時期、Nikeから新たなスパイクコレクションがリリースされた。

Nike 'Lock In Let Loose Pack'

ナイキ「ロックインレットルーズパック」

コレクションの名前は「ロックインレットルーズパック」。ちょっと長いこの名前を、日本では“タタカエ、ハジケロ”というシンプルな言葉で表現している。

Nikeのスパイク4サイロに、レーザーオレンジをメインカラーとして配した今回の新作。先日お届けした『ティエンポ レジェンド 7』以外の3モデルはこんな感じだ。

Nike Hypervenom Phantom III DF

ナイキ「ロックインレットルーズパック」

ストライカー向けの『ハイパーヴェノム ファントム III DF』はツートンカラーが印象的。

Nike Mercurial Superfly V

ナイキ「ロックインレットルーズパック」

スピード系モデルの『マーキュリアル スーパーフライ V』はオレンジと黒を用いてお馴染みのストライプ柄を表現している。

Nike Magista Obra II

ナイキ「ロックインレットルーズパック」

そしてコントロール系モデルの『マジスタ オブラ II』。こちらもオレンジと黒を用いたオーソドックスなカラーリングとなっている。

ナイキ「ロックインレットルーズパック」

少人数フットボールおよびストリート向けの「フットボールX」シリーズでももちろん同じカラーリングが登場。

欧州主要リーグの開幕を賑わせることになる「ロックインレットルーズパック」は、7月14日から販売が開始されている。