ダニエレ・デ・ロッシやバルセロナ選手など、今夏もヨーロッパでプレーする一流選手たちがオフを利用し日本を訪れている。

そんななか、チェルシー移籍が決定したあのDFも日本にやって来た!

今回来日したのは、ローマからチェルシーへと活躍の場を移したリューディガー!

リューディガーはドイツ代表のDFリーダーとしてコンフェデレーションズカップに出場し、決勝を含む4試合にフル出場。チームを優勝に導く活躍を見せた。

Coaching 🇯🇵 next generation🤙🏿 #tokyo #niketiempo #hustle 📸: @lucahomolka
Antonio Rüdigerさん(@toniruediger)がシェアした投稿 -

大会が終了して2週間が経過し、リューディガーは東京に到着。自身が契約するNikeのイベントで、少年たちのサッカー教室に参加したという。

What a day! Thanks Tokyo🇯🇵🤙🏿 #niketiempo #hustle #sayhi
Antonio Rüdigerさん(@toniruediger)がシェアした投稿 -

また、東京の原宿にあるサッカーショップ「KAMO」にも訪れ、新スパイク「ティエンポ レジェンド 7」のプロモーションイベントに立ち会ったようだ。