FC岐阜が面白い。

大木武監督が新たに指揮を執る今シーズン。とにかくパスをつなぎまくる異色のスタイルが注目を集めている。3バックをベースとした堅実な戦術を採用するチームが多いJ2の中で、大胆なスタイル転換を果たした岐阜。

今回のコラムでは、その戦いぶりにフォーカスを当ててみたい。

■基本形はアンカーを置いた4-3-3

FC岐阜

上図が今季の基本システムだ。

最後尾を守るのはビクトル。センターバックは直近の試合で定位置を掴んだ阿部正紀を柱に田森大己、ヘニキ、青木翼が起用されている。サイドバックは右に野澤英之、左は福村貴幸。

アンカーは主将の庄司悦大が不動で、インサイドハーフはシシーニョ、永島悠史、小野悠斗が争う。

ウイングは右が大本祐槻、左が古橋亨梧。センターフォワードは難波宏明を軸にシシーニョ、風間宏矢のゼロトップもしくは、“9番“のクリスチャン、瀧谷亮を据えている。

【次ページ】コンセプトを体現するキーマンたち