プレミアリーグ名物でもあったあの光景が、新シーズンでは見られなくなってしまうようだ。

オーストラリア『SBS』があるルール変更について伝えている。

プレミアリーグではこれまで、各チームに対してスタジアムの芝模様をユニークなデザインにすることを認めていた。

レスターのキングパワー・スタジアムやサウサンプトンのセント・メリーズ・スタジアムでよく見られたこうしたデザイン。なかでもキングパワー・スタジアムの芝模様は独創的で、試合を見る度に新たな発見や楽しみがあった。

しかし、レギュレーションの変更により、プレミアリーグでは各チームが芝模様を特有のデザインにすることを禁止にするそう。来季からは白線を用いた水平線以外、ピッチ上にいかなる模様も描くことが許されないという。

あの芸術的なまでに美しい芝模様は、しばらく見ることができないようだ…。