ベスト4進出を懸けた中国のFAカップ5回戦、上海上港vs天津権健戦で大逆転が起きた。

上海上港は敵地での1stレグに0-3で敗れていたのだが、ホームでの2ndレグでなんと4-0の大勝!3点差を跳ね返して大逆転での勝ち抜けを決めたのだ。

そんな2ndレグでは天津権健に痛恨のプレーがあった(動画3分33秒~)。

自陣内でボールを受けたベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルだったが、ボールに乗り上げるような形で躓いてしまった。

これにより高いに位置でボールを奪われると、カウンターから最後はオスカルに決められて失点…。この痛恨のプレーで3点目を失った天津権健はその後逆転弾を浴びて敗れ去った(上海上港FWフッキは2ゴールの活躍だった)。

今季、中国1部に昇格した天津権健はアレシャンドレ・パトやヴィツェルを補強し、リーグでも3位につけるなど好調。FAカップでも強豪相手のアップセットにあと一歩にまで迫ったのだが…。

試合中に相手ベンチとヒートアップする場面もあった天津権健のファビオ・カンナヴァーロ監督は「上海のホームゲームは非常に難しい。優位にあってもこのようなアクシデント(大逆転?)があるからね」などとこぼしていたそう。