ネイマールがPSGが移籍したことで、バルセロナのMSNは“解散”となった。

ここでは、『Squawka』による「21世紀最高のアタッキングトリオ、ランキングTOP10」を見てみよう。日本人選手も登場するぞ!

10位 ロッベン、ドログバ、ダフ

ロッベン、ドログバ、ダフ

クラブ:チェルシー

シーズン:2004~06

獲得トロフィー:プレミアリーグ×2、リーグカップ

このトリオは大衆たちからは忘れられることが多い。チェルシーの成功はジョゼ・モウリーニョがもたらした強固な守備と、フランク・ランパードの爆発的得点力によるものだったからだ。

だが、この3人はチェルシーがイングランドと欧州において脅威となるなかで不可欠な存在だった。ロッベンとダフは極度に直線的で、ドログバは多くの欧州の屈強なDFたちが対処できないフィジカル的なパワーとテクニックを併せ持っていた。

9位 メッシ、エトー、ロナウジーニョ

クラブ:バルセロナ

シーズン:2004~07

獲得トロフィー:リーガ×2、UEFAチャンピオンズリーグ、スーペルコパ×2

バルセロナはこのスペクタクルな3トップによって、暗黒期から脱却することができた。

ロナウジーニョは最高のマジシャンで、アンタッチャブルなジーニアスだった。エトーは決定的なFWで、精巧なテクニックと速さを併せ持ち、ビッグゲームでパフォーマンスを生み出すことへの欲求も持ち合わせていた。そして、当時のメッシはまだ怪我がちながら溢れんばかりの才能を持った若者だった。

【次ページ】あの時のミラン…