8位 カカ、シェフチェンコ、クレスポ

カカ、シェフチェンコ、クレスポ

クラブ:ミラン

シーズン:2004-05

獲得トロフィー:なし

この3人は4-3-3ではプレーしなかった。明らかにイタリア仕込みの4-3-1-2であり、彼らがプレーしたのも1シーズンのみでタイトルもなかった。

だが、3人がともにプレーしたフットボールは非常に魅力的なものだった。このシーズンの彼らは無敵であり、数多のチームを叩きのめした。CL決勝で3-0からの大逆転負けを喫するまでは…。この失態によって彼らは打ちのめされた。

7位 ロッベン、マンジュキッチ、リベリ

クラブ:バイエルン・ミュンヘン

シーズン:2012~2014

獲得トロフィー:ブンデスリーガ×2、DFBポカール×2、UEFAチャンピオンズリーグ

全てが2位だった2011-12シーズンを終えたバイエルンは、エネルギッシュなマンジュキッチを“ロベリー”のウィングデュオに加えると突如復活した。

この3人は前線での力強い槍となり、そのスキルとフィジカルで相手を粉砕し、チームに3冠をもたらした。このトリオの2シーズン目はペップ体制となったことで1年目ほどには素晴らしくはなかったが、それでも国内2冠を達成している。

【次ページ】あの日本人選手も!