10歳から19歳までの選手が参加するノルウェー・カップ。女子14歳のカテゴリーで北朝鮮のチームが優勝し、現地で話題になっている。

優勝したのは、ピョンヤン・インターナショナル・フットボール・スクールの女子チーム。『VG』によれば、彼女たちはなんと得失点差+43という圧倒的な成績で優勝したそう。

調べてみたところ、グループステージ3試合に全勝。しかも、8-0、5-0、5-0で得失点差+18!

さらにプレーオフでも、7-0、5-0、7-0、4-0、2-0と破竹の連勝を続けて優勝。計8試合で43得点を奪う一方、なんと1点も奪われていなかった…。

これはもはや無双。決勝戦で敗れた相手監督も「彼女たちは信じられないくらいプロなチームだった。今週彼女たちを見てきた人々は、我々が唯一いくらかの抵抗が出来たチームだと言ってくれた。そのことは嬉しい」ともはやお手上げ状態だったようだ。

なんでもピョンヤン・インターナショナル・フットボール・スクールの選手たちは平壌から北京までは列車で、そこからカタールのドーハに飛んだ後にオスロに到着。計26時間もかけてノルウェーにやって来ていたそう。

彼女たちの試合を観戦し、ファンになってしまったというノルウェーの女の子たちもいたとか。