『All Nigeria Soccer』は6日、「アーセナルのナイジェリアU-20代表MFケレチ・ヌワカリは、バーゼルと交渉を行っている」と報じた。

今季チャンピオンズリーグに出場する権利を持っていないアーセナル。

ケレチ・ヌワカリは労働許可証の問題でまだアーセナルでのプレーが不可能な状態であるが、ローン先がチャンピオンズリーグに出場するバーゼルになる可能性もあるという。

ケレチ・ヌワカリは1998年生まれの19歳。2015年に行われたFIFA U-17ワールドカップでナイジェリアの10番を背負った選手で、激しい争奪戦の末にアーセナルへ加入した。

ただフル代表の選手ではないこともあってまだイングランドでプレーする権利はなく、昨季はオランダ2部のMVVマーストリヒトに貸し出され、レギュラーとして存在感を見せている。

代理人を務めている兄のオールウェル・ヌワカリは以下のように話し、幾つかのクラブと交渉していることを明らかにした。

オールウェル・ヌワカリ

「噂になっているVVVフェンロだけではない。それは本当の情報ではないのだ。他の選択肢もある。

多くのチームがケレチ・ヌワカリをチームに引き入れたいとして連絡してきた。ユトレヒト、そしてバーゼルとも交渉を行っている。

バーゼルに加入すればチャンピオンズリーグでプレーできるチャンスもある。ただ、まだ何も決定はされていない」