イタリア・セリエAのユヴェントスは、「今シーズンはパウロ・ディバラが10番を着用することになった」と公式発表した。

ポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したあと、空席となっていたユヴェントスの「10番」。

先日からそれは21番を着けていたパウロ・ディバラに渡されるのではないかと噂されてきたが、ついにユヴェントスが公式発表した。

メディアでは「バルセロナやレアル・マドリーらの関心から守るための戦略」とも推測されている。

そして、新たな「10番」となったディバラに対し、かつてその数字を背負ってきたアレッサンドロ・デル・ピエロがSNSで直接コメントを送ったのだ。

アレッサンドロ・デル・ピエロ

「幸運を祈るよ、パウロ・ディバラ。本物のユヴェンティーノとしてこれを楽しんでくれ。そして、我々を楽しませてくれ!」

それに対して「後継者」となったディバラは以下のように返信し、デル・ピエロの激励に応えた。

パウロ・ディバラ

「本当にありがとう。あなたのシャツを着られることは名誉だ。10番同士のフリーキック勝負は、さらに素晴らしいものになるだろうね!」

以前からディバラとデル・ピエロはブッフォンと共にフリーキック勝負をしたいと言っていた。いつか実現してほしいものだ…。