とにかく手堅い。

ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督が構築したチームを評するとすれば、この言葉がしっくりくるだろうか。

長らくJ2で過ごす名門・東京ヴェルディだが、今季はJ1昇格が充分可能な好チームに仕上がっている。今回は、スペイン人の知将が率いるチームに注目していきたい。

■基本形は3-4-2-1

東京ヴェルディ、2017年の3-4-2-1

上図が今季の基本システムだ。

最後尾を守るのは柴崎貴広。3バックはリベロに畠中槙之輔もしくは永田充。右は井林章で、左は平智広。

激戦区のボランチは内田達也、渡辺晧太、橋本英朗、中後雅喜、井上潮音が争う。ウイングバックは右が安西幸輝もしくは田村直也、左は安在和樹もしくは安西幸輝。

シャドーはアラン・ピニェイロ、高木善朗、梶川諒太の争いで、CFはドウグラス・ヴィエイラと高木大輔、新加入のカルロス・マルティネスがしのぎを削る。

【次ページ】チームを支えるキーマンたち