1トップ:4-2-3-1

1トップ

エヴァートンでのルカクはプレミアリーグで最も怖ろしい1トップのひとりだった。ユナイテッドではより優秀な同僚たちがチャンスを演出してくれることで、彼は自らのゲームを次のレベルに引き上げることができるはずだ。

昨季エヴァートンのロナルト・クーマン監督は判断力の面において、MFロス・バークリーに不満を持ったかもしれない。だが、自由に動いてドリブルなどでファイナルサードをこじ開けようとする『10番』の存在は、ルカクにとって間違いなくメリットになる。

ユナイテッドには、高品質なプレーメイカーであるヘンリフ・ムヒタリャンがいる。さらに、フアン・マタとアントニ・マルシャルも相手を打ち負かすスキルがあることを証明済みだ。

この3人はルカクが必要とする助けを供給できる。彼がユナイテッドで気にしなければならない唯一の点は、ゴールを決めることだ(他は周りがやってくれる)。

【次ページ】2トップ