『Independent』は11日、「リヴァプールはフィリペ・コウチーニョから移籍要請があったという報道を否定した」と報じた。

11日に『Sky』は「フィリペ・コウチーニョがリヴァプールにバルセロナへの移籍を求める電子メールを送った」と報じた。

ネイマールをPSGに放出したバルセロナは、その資金を使って後釜の確保に動いていると言われており、候補の一人がコウチーニョであるという。

入札はこれまで2回行われたと伝えられているが、その2つはどちらもリヴァプールに断られているとも。

「コウチーニョがバルセロナへの移籍を熱望している」ということはメディアで広く報じられている。しかしリヴァプールは、今回彼からの要求があったという報道を否定したとのことだ。

なお、バルセロナはこれまでウスマヌ・デンベレ、フィリペ・コウチーニョの獲得にチャレンジし、それぞれボルシア・ドルトムントとリヴァプールに拒否されている。

そこで現在はトッテナム・ホットスパーのMFクリスティアン・エリクセンを新たなターゲットの一人として設定し、獲得の可能性を模索しているようだ。