今夏、大型補強を敢行したミラン。そのなかでも最もインパクトが大きかったのが、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの引き抜きだ。

王者ユヴェントスで絶対的な地位を築いており、移籍するとしてもプレミアリーグだと思われていたのだが、彼が選んだのはまさかのミランだった。

仰天とも言える移籍だったのだが、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はどう感じたのだろうか。『Premium Sport』によれば、こう語ったという。

マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス監督)

「ボヌッチの退団について?非常に残念だよ。

レオはユヴェントスの将来のキャプテンだっただろう。

ロッカールームで若手たちにユーヴェが何たるかを伝える男だった。だが、彼は(移籍という)選択をした。

(退団について)クラブもコーチも彼を責めることはないだろう。誰も悪くない」

将来ユーヴェをキャプテンとして率いるような存在だっただけに移籍は残念と嘆いていたという。そのうえで、責めるつもりはないとも述べていたようだ。