CB:カルロス・サルセド

カルロス・サルセド

ローン先:フランクフルト

保有:チバス・グアダラハラ

逸材DFヘスス・バジェホがレアル・マドリーに復帰したフランクフルト。その代役として、23歳のメキシコ代表DFを手に入れた。

昨季はセリエAのフィオレンティーナに貸し出され、18試合で32度のインターセプションをマーク。

CB:リース・オックスフォード

ローン先:ボルシアMG

保有:ウェストハム

この夏、最もおもしろい移籍のひとつ。2015年当時16歳だったアーセナル戦で見せた素晴らしいパフォーマンスから一転、その後は停滞。今年1月にローン移籍した2部レディングでも出場機会に恵まれなかった。

チェルシーからボルシアにレンタル移籍して開花したデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンと同じようなケースになることをオックスフォードは期待しているだろう。

LB:ファビオ・コエントラォン

ローン先:スポルティング・リスボン

保有:レアル・マドリー

かつては欧州最高の左SBとして評価されていたコエントラォン。だが、そのキャリアは急激に失速し、この18か月間は出場機会もかなり減少している。母国への復帰は調子を取り戻す完璧な助けになりうるだろう。

【次ページ】あの10番も…