今週末に開幕するドイツ・ブンデスリーガ。

それを前に行われたDFBポカール1回戦で、バイエルン・ミュンヘンはケムニツァーFC(3部)を5-0で撃破した。

この試合中にフランク・リベリが女性主審ビビアナ・シュタインハウスさんにやったイタズラが話題になっている。

Meisjes plagen, goaltjes maken 🤙🏻
FOX Sportsさん(@foxsportsnl)がシェアした投稿 -

フリーキックのボールをセットしようとかがんだ際に、主審の靴ひもをほどいていたのだ。これにシュタインハウスさんは、ちょっ!といった感じでリベリに突っ込みを入れていた。

ただ、2人は笑顔でリベリにカードなどが出されることもなかった。

『Sport1.de』によれば、リベリは試合後にこう述べていたそう。

フランク・リベリ(バイエルンMF)

「彼女は強かった、多くの強さを持っているよ。面白かったけど、彼女(のジャッジ?)はよかった。

あれは楽しかったけど、常にリスペクトをしなけれないけないよ」

2011年の女子W杯決勝、2012年のロンドン五輪女子サッカー決勝で「なでしこジャパン」の試合も裁いたシュタインハウスさん。今季からは女性として初めてドイツ・ブンデスリーガの審判を務める

なお、6連覇を目指すバイエルンは開幕戦でレヴァークーゼンと対戦する。