22日から23日かけて行われたUEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ2ndレグ。

ナポリがニースを、リヴァプールがホッフェンハイムをそれぞれ下し、本戦出場を決めている。

プレーオフの終了により、グループステージに進む32チームが決定した。

抽選会で使用されることになる「ポット」ごとにチームを見ていこう。

ポット1

・レアル・マドリー(ESP)
・バイエルン(GER)
・チェルシー(ENG)
・ユヴェントス(ITA)
・ベンフィカ(POR)
・モナコ(FRA)
・スパルタク・モスクワ(RUS)
・シャフタール・ドネツク(UKR)

ポット2

・バルセロナ(ESP)
・アトレティコ・マドリー(ESP)
・PSG(FRA)
・ドルトムント(GER)
・セビージャ(ESP)
・マンチェスター・シティ(ENG)
・ポルト(POR)
・マンチェスター・ユナイテッド(ENG)

ポット3

・ナポリ(ITA)
・トッテナム(ENG)
・バーゼル(SUI)
・オリンピアコス(GRE)
・アンデルレヒト(BEL)
・リヴァプール(ENG)
・ローマ(ITA)
・ベシクタシュ(TUR)

ポット4

・セルティック(SCO)
・CSKAモスクワ(RUS)
・スポルティング・リスボン(POR)
・APOEL(CYP)
・フェイエノールト(NED)
・マリボル(SVN)
・カラバフFK(KAZ)
・RBライプツィヒ(GER)

グループステージの組み合わせ抽選は2015-16シーズンから方式が変更になっており、ポット1には前回大王者(1チーム)とUEFA Club Coefficients上位7ヵ国の王者(7チーム)の計8チームが入る。

これにより、ポット2は強豪が揃うことになったが、今季もバルセロナやアトレティコ・マドリー、PSG、ドルトムントといった優勝候補が並ぶ。今季も高い確率で“死の組”が実現することになりそうだ。

なお、グループステージに初出場するのはカラバフFKとRBライプツィヒの2チーム。組み合わせ抽選会は日本時間25日(金)午前1時よりモナコで行われる。