『The Breakingtimes』など各メディアは1日、「ナイジェリア・プレミアリーグに所属するFCイフィーニイー・ユーバーのチームバスが交通事故に遭遇した」と報じた。

イフィーニイー・ユーバーの選手団は、9月3日にナイジェリア・プレミアリーグの第36節サンシャイン・スターズ戦に臨むためにバス移動を行っていた。

しかし高速道路を走っている途中でバスは交通事故に遭遇し、選手の6名が怪我を負うことになったという。

そのうち二人は意識を失っていたものの、近くの病院に運ばれて治療を受け、現在は回復しているとのことだ。

FCイフィーニイー・ユーバーは、ナイジェリアの富豪であるイフィーニイー・ユーバー氏が経営するクラブ。

昨年は日本人指導者の八橋健一氏(現カンボジアン・タイガー監督)が監督に就任したが、プレシーズンマッチの2試合のみで解任されている。