リヴァプールのユース出身で、将来を背負って立つ存在として期待されるMFベン・ウッドバーン。

弱冠17歳ながら先日行われたワールドカップ予選でウェールズ代表に招集され、衝撃のデビューを飾った。

ウッドバーンは途中出場からたった261秒でゴールをあげ、結局試合は1-0でウェールズが勝利。

そのゴールがなかなか見事だったので見てみよう(00:57から)。

Hen Wlad Fy Nhadau gets a spectacular assist in Ben Woodburn's goal for #Wales 🎶⚽️🔥 #GwladGwlad #TogetherStronger
FA Walesさんの投稿 2017年9月3日

相手のクリアミスを拾い、迷うことなく右足を振り抜いたウッドバーン!

シュートはニアサイドに突き刺さり、ウッドバーンを起用したクリス・コールマン監督も興奮を隠しきれなかった。ワールドカップ予選という大一番で、これを決めてしまうあたりにスター性を感じる。

逆転でのワールドカップ出場を目指すウェールズ。ウッドバーンは母国を救うことができるだろうか?チームは6日(水)、モルドバと対戦する。