4位:パブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ→ウェストハム)

パブロ・サバレタ ウェストハム

取引額:フリー

サバレタは素晴らしい選手だ。手本になれる男で、プロフェッショナルかつ徹底した人物だ。

しかし、ウェストハムの典型的な補強とも言える。彼は名前が大きく、既にピークを過ぎており、その賃金はおそらく巨大である。

これは、クラブの文化を象徴する短期主義的症状だ。勝利のメンタリティがウェストハムにもたらされることは期待できるが、サッカーはそううまくは機能しない。ウェストハムの無数の問題を解決してくれる魔法の弾丸ではない。

3位:キリアン・エンバッペ・ロタン(モナコ→PSG)

キリアン・エンバッペ・ロタン

取引額:ローン+購入オプション1億8000万ユーロ(およそ235.1億円)

PSGは上手くやっただろう。財務的な見通しに関する懸念は、ローンという形で奇跡的に軽減された。

エンバッペは欧州の主要なクラブ全員が関心を持っているはずの素晴らしいヤングスターである。

しかし、同じリーグのクラブに移籍するというのは、つまりは「ライバルを弱体化させるためのもの」と言える。ゴンサロ・イグアインやマリオ・ゲッツェなど…。

彼は非常に才能があり、おそらくパルク・デ・プランスでも上手くやるだろうが、競争の文化を侵食するような取引である。

【次ページ】バルセロナは…