『Soccer Laduma』は5日、「オーランド・パイレーツに所属している南アフリカ代表DFハッピー・ジェレが逮捕された」と報じた。

ハッピー・クィントン・ジェレは1987年生まれの30歳。コロンバスFCやインテル・ミラン(南アフリカ)などのユースで育ち、2006年にオーランド・パイレーツと契約した選手だ。

2011年からは南アフリカ代表にも選出されており、これまで3度の出場機会を得てきた右サイドバックである。

記事によれば、彼は月曜日の朝に自身が所有するBMW 135iで高速道路を走っていたという。

そして、ヨハネルブルク郊外のSandton近くで彼はスピード違反のために検挙されたとのこと。

その際は120km/h制限の道路を223km/hで走行していたとのことで、そのまま身柄を拘束されたようだ。

彼は既に釈放されているとのことで、オーランド・パイレーツの公式サイトに対して謝罪文を寄せている。