いよいよ9月14日(木)の発売日が近づいてきた、KONAMIの人気シリーズ最新作『ウイニングイレブン2018』。

発売を前にしたメディア体験会が、日本代表がオーストラリアとの大一番を制した翌日の9月1日に行われた。

ウイニングイレブン2018

今年会場となったのは東京・渋谷の楽天カフェ。

楽天といえば、今シーズンからバルセロナの胸スポンサーを務めており、同じくバルサのプレミアムパートナーであるKONAMIのイベントが行われるというのはある意味必然だったかもしれない。通常カフェとなっているスペースは「ウイイレ」らしい熱気に包まれていた。

さて、新作の『ウイイレ2018』、その開発コンセプトは「レジェンドはここから生まれる(Where Legends Are Made)」。

ウイニングイレブン2018

ゲームプレイが極限まで洗練され、対戦のあらゆる場面で“伝説的なプレイ”をユーザー自身が生み出すことが可能だという。8月30日から配信されている体験版でもその一端を感じることができるかもしれない。

ウイニングイレブン2018

「ウイイレ」の大きな魅力である“駆け引き”の部分をより強化しつつ、今作ではCO-OP、いわゆる協力プレイに力を入れている。

恒例のメディア大会も2対2で行われたのだが、試合中には各プレイの採点が細かく表示され(マイナス評価も!)、試合後にはこのように各プレイヤーの評価を確認することができた。

ウイニングイレブン2018

プレイヤー3が筆者で同4が相棒。シュートやパス、アタッキングランのポイントが大きく異なるなどプレイスタイルの違いが表れていて非常に面白かった。 「オンライン CO-OP」は7月に行われたβテストでもユーザーにかなり好評だったようだ。

なお、これはメディア大会1回戦のスタッツ。Spopreさん(ドイツ代表)を下して2回戦に進出したQoly(ドルトムント)だったが、残念ながら次のインサイドさん(リヴァプール)に0-1で敗れてしまった…。優勝はプレイステーション公式ブログさん(バルセロナ)が手にしている。

【次ページ】日本代表のこんな動画や画像も!