『Citizen』は8日、「バイエルン・ミュンヘンの監督を務めるカルロ・アンチェロッティ氏は、プレミアリーグが移籍マーケット短縮に動いていることを賞賛した」と報じた。

先日から大きな話題となっているプレミアリーグの移籍マーケット短縮案。来季は開幕の前に選手の登録が締め切られることが決定した。

各国の中でいち早く補強を打ち切らなければならない状況となるが、反対は過半数に満たない5チームしかおらず、提案は批准されることとなった。

この決定についてバイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アンチェロッティ氏は以下のように話し、他のリーグも真似すべきだと語ったという。

カルロ・アンチェロッティ

「(移籍マーケット期間の短縮は)いいアイデアだと思うよ。

私はこのルールがドイツ・ブンデスリーガでも真似されることを望んでいるよ。

サッカー界はこれを考えている。長い移籍マーケットは、誰も幸せにすることはないよ。

プレミアリーグが先鞭をつけた。他の協会も、その決断を速やかに支持し、後に続くべきだよ」