『Cuatro』は8日、「スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの父親は、ユヴェントスに移籍するという噂について話した」と報じた。

長くバルセロナで重要な役割を担ってきたイニエスタであるが、このところはやや怪我が増え、シーズンを通して活躍できなくなってきている。

契約も今季限りで満了になる状況となっており、来年夏にはチームを離れるのではないかとも。移籍先はユヴェントスになると予測されていた。

しかし、父のホセ・アントニオ・イニエスタはインタビューで以下のように話し、バルセロナ以外でプレーするつもりは一切ないと語ったという。

ホセ・アントニオ・イニエスタ

「私は毎日息子のアンドレスと話しているよ。

彼はバルセロナ以外のジャージを身につけるつもりはない。したがって、この話を相手にする必要はないよ。

アンドレスが自分をケアしている方法を見ていれば、まだ2~3年はバルセロナで重要な役割をこなすことが出来ると思うよ」