『The SUN』は10日、「ルーニーの不倫相手だったローラ・シンプソンは、マルアヌ・フェライニと夜を楽しんでいたと明かした」と報じた。

先日ウェイン・ルーニーが飲酒運転で逮捕された際、その車に同乗していたことで知られるようになったローラ・シンプソン。

29歳のOLと言われている彼女はその後ルーニーとのやり取りをメディアに暴露し、大きな話題になった。

記事によれば、彼女はこれまでもサッカー選手とそういう形で接触している人物であるとのこと。ローラの友人は、彼女とマルアヌ・フェライニが夜を過ごしていた2014年夏の出来事を以下のように話したという。

ローラ・シンプソンの友人

「ローラはバーに行って、そこにフェライニがいた。可愛い帽子でアフロを隠していたね。

彼らは20分話していた。そしてフェライニは『これから出るけど、来るかい?』と誘った。

ローラは自分の友人を見つけられなかったため、フェライニと二人の男と一緒に帰ることにした。アウディの後部座席にフェライニとローラが乗った。

その時ローラはお腹を空かせていたので、マクドナルドに寄れないかと聞いた。彼女らが車に戻ると、フェライニとローラは二人きりだった。

そして、フェライニは自宅に誘い、屋内プールがついている部屋に行こうと言った。

ローラは服を着たまま飛び込んだ。そしてフェライニもそこに入って、体を弄り始めた。

しかし、そこで彼女は横に置いてあったビッグマックを食べた。それが滑り落ちて、プールの中に落ちたんだ。

フェライニはそれを見て、本当に、本当に怒った。

プールを洗わなければならないこと、特に出会ったばかりの人物がハンバーガーを落としたことに心を痛めたようだ」

なお、フェライニはすぐにローラを追い返し、その後もかなり怒っていたという。両者は2015年にもナイトクラブで偶然出会ったそうだが、進展はなかったとのこと。