『The SUN』は9日、「マンチェスター・シティは、トッテナム・ホットスパーのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトを獲得しようとしている」と報じた。

トッテナムの最終ラインで活躍を見せているアルデルヴァイレルト。彼の契約は2019年までとなっており、1年延長のオプションも付随している。

しかし現在彼が受け取っている給与は週5万ポンド(およそ690万円)と比較的安く抑えられており、アルデルヴァイレルト自身がそれにやや不満を持っているとも。

そして、その彼に関心を抱いているのがマンチェスター・シティであるという。

ジョゼップ・グアルディオラ監督が強い信頼を寄せているヴァンサン・コンパニは継続的な怪我に悩まされており、この2年で11試合でしかプレーできていない。

その長期的な後継者として、同じベルギー代表のアルデルヴァイレルトを獲得するという選択肢を考えているとのこと。

移籍金については6000万ポンド(およそ82.76億円)と評価されている。もしアルデルヴァイレルトが今季中に契約を更新しなかった場合、シティの手が伸びる可能性は高いようだ。