『Cadena COPE』は11日、「レアル・マドリーのFWマルコ・アセンシオは、パリ・サンジェルマンへの移籍に関心はないと語った」と報じた。

2014年末にマジョルカからレアル・マドリーに移籍したアセンシオ。移籍金は390万ユーロだったと言われる。

ローンでマジョルカに半年間残ったあと、2015年夏にレアル・マドリーへと合流。今季はモラタの退団、怪我人と出場停止が重なってレギュラーとして起用されている。

先月はパリ・サンジェルマンへの移籍が噂された彼であるが、レアル・マドリーでついに重要な立場を手に入れた形だ。

彼はそれらの噂について以下のように話し、バルセロナにも関心はなかったと明かしたとのこと。

マルコ・アセンシオ

「僕は自分の価値がどれだけになるのかはわからないよ。それは契約解除条項が示すものを信じるだけだ。

パリ・サンジェルマンに行く可能性?ない。全くない。なぜなら、僕はここでとても幸せだからだ」

(2014年にバルセロナからの関心を受けたね?)

「僕はマジョルカのファーストチームでキャリアを始めたばかりだった。そして、バルセロナが接触してきた。

最終的な行き先として、バルセロナではなく、レアル・マドリーに来ることが出来てとても嬉しいよ。このシャツを着られることにね。

オラシオ(代理人)が電話をかけてきて、レアル・マドリーの関心を伝えてくれた時、僕はただそこに行きたいとだけ言ったよ」