『El Pais』は10日、レアル・マドリーのウェールズ代表FWギャレス・ベイルのインタビューを掲載した。

サウサンプトンのユースで育成され、ロンドンに本拠地を置くトッテナム・ホットスパーでブレイクしたベイル。2013年にレアル・マドリーと契約し、スペインで5年目を迎えている。

28歳となった彼はサッカー選手としての人生について以下のように話し、自分の欠点は怠惰なことだと語ったという。

ギャレス・ベイル

(サッカー選手として一番厳しいことは?)

「旅が多すぎることだね。家族としばしば離れることになる。違った国に暮らすことになる。

家族や友人とは近くにいたいものだ。しかし、多くの時間を家から離れて過ごさなければならない。旅をしてね。

それらの旅から回復するには、しばらく時間がかかるものだからね」

(最大の美徳は?)

「わからないね。健康的で、家族も友人も好きだし、幸せだと思う。それ以上は求めないよ」

(自分の一番の欠点は?)

「かなり怠惰なことだね!これが最高の答えだろう」

(何が君を幸せにする?)

「健康であれば幸せだよ!怪我なくプレーできるからね」