昨季、セリエA史上最年少タイ記録となる15歳と280日でデビューしたジェノアFWピエートロ・ペッレグリ。2001年生まれの彼は昨季最終節でセリエA初ゴールもマークしている。

16歳になった彼はこのほど行われた第4節のラツィオ戦に途中出場すると、2ゴールを叩き出した。

リカルド・セントゥリオンに代わって前半33分に投入されると、後半12分に相手DFに当たって跳ね返ったラッキーなボールを押し込み1点目。

さらに後半28分には、左からのクロスに飛び込みジャンピングボレー!GKの手を弾き飛ばす強烈なシュートで、ゴールネットを揺らしてみせた。

16歳と184日での2得点は、今世紀の5大リーグにおける最年少記録となったという情報も。

ただ、ジェノアは2-3で敗れ3連敗。開幕4試合で1分3敗といまだに勝ちがない。