27日(水)に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節。

アトレティコ・マドリー対チェルシーの試合は90+4分にミシ・バチュアイが決勝点をあげ、チェルシーが1-2で勝利した。

そんなこの一戦で、エンゴロ・カンテが「流石」と言うに相応しいプレーを見せた。

0-0で迎えた21分、アトレティコの選手たちが最終ラインでボールを持っていると…(00:31から)。

フアンフランがボールの処理を誤った直後、カンテは前線めがけてスプリントを開始。

するとその読み通りフアンフランはピッチ中央へとボールを折り返し、カンテはルーカス・エルナンデズからボールを奪取してみせた。

こちらは、ボールを追い始めた瞬間の静止画だ。

アルバロ・モラタがプレッシャーをかけているのを見たカンテは、フアンフランは中に折り返すしかないと判断し、ここからスプリントを開始したというわけだ。

この洞察力こそ、まさにカンテの持ち味である。こんな選手がチームに一人いれば、どれほど楽になるだろうか…。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」