先日、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが38歳にしてプロボクサーに転向する見込みだと伝えられた。

ここでは、『Squawka』による「サッカー選手引退後、驚きの転職をした10人」を見てみよう。

ボクシング:レオン・マッケンジー&カーティス・ウッドハウス

サッカー選手からボクサーに転向したレオン・マッケンジー

リオの参考になりそうな2人から始めよう。

マッケンジーとウッドハウスはどちらも控えめなサッカー人生をエンジョイした。前者はクリスタル・パレスのアカデミー育ちで2013年に引退するとボクサーに転向した。その後は8勝(3KO)2敗という戦績を収めている。

一方のウッドハウスは、シェフィールド・ユナイテッドやバーミンガムでプレー。2部ではそこそこよくやった。ボクサーとしてはUKライトウエルター級王者にもなり、30戦23勝(13KO)7敗でキャリアを終えた。

WWEレスラー:ティム・ヴィーゼ

サッカー選手からWWEに転向したヴィーゼ

ブレーメンなどでプレーした元ドイツ代表GKヴィーゼは、2014年に15年間のフットボールキャリアを終えた。

大幅に筋肉を増強した後、彼は業界リーダーのWWEと契約しレスラーになることを決意。そして、昨年11月に行われたミュンヘンのイベントでデビューした。

当然ながらルーキーとしての彼に与えられた時間は限られていたが、長期間取り組んできたトレーニングの成果を見せるには十分だった。“The Machine”と名付けられたヴィーゼは、ボディスプラッシュを見舞った後、勝利のピンフォールを決めた。

ただ、彼がフルタイムのパフォーマーに転向するのかは、まだ分からない。

【次ページ】なんと探偵に!