さすらいのフットボーラー、能登正人(のとまさひと)が日本に帰ってきた。

帰ってきたと言っても、「束の間の休息」との表現が適切だろうか。

インドネシアのクラブ、ペルシバ・バリクパパンを退団し、痛めた腰痛の治療に専念するための帰国だからだ。

能登正人のQoly限定コラムはこちら!

彼は、セレッソ大阪ジュニアユースを経て、高校卒業後に単身で渡欧。スペイン、ドイツ、タイ、日本、ラオス、インドネシアと、これまで様々な国でプレーしてきた。

ある意味、今の日本代表メンバーですら経験できない世界を肌で感じてきた男だ。

現在27歳。

未来像も考え始めるこのタイミングで、ロングインタビューを敢行した。

話題は、現在抱えている怪我や引退のことを皮切りに、スペイン挑戦の話、さらに、レアル・マドリーでの紅白戦やハノーファー時代のエピソード、そして、日本の育成事情へと進み、彼ならではの生き方「デザイナーとフットボーラー」という二刀流についても語ってもらった。

能登正人

「有名アーティストの後押しも…」