Qoly恒例のプレイバック企画!今回は2015年10月4日公開、「バルセロナはどうなる?世界の"越境"チームたちを知る」を改めてご紹介しよう。

本日2017年10月1日、スペイン・カタルーニャ地方で独立を問う住民投票が行われているが、これを認めていないスペイン中央政府は一部の投票所を封鎖。強行する住民らとの間で衝突が起きており負傷者も出ている。

仮に独立が決まればバスクなど他の地域でも独立運動の機運が高まる可能性があり、バルセロナを筆頭に複数の強豪クラブがリーガを脱退する可能性もあるだけに、スペインとしては頭の痛いところだろう。

ただ世界には他国のリーグへ越境して参加しているチームも少なくない。バルセロナらが今後もリーガで戦うことを踏まえて、今回は“越境チーム”を紹介しよう。

ウェールズinイングランド (例:スウォンジー・シティ)

イギリス連邦の1つウェールズは1992年より国内リーグ(ウェルシュ・プレミアリーグ)を持つが、6チームが参加を拒否しイングランドで切磋琢磨している。

かつては代表格と言えばカーディフ・シティだったが、近年はスウォンジー・シティが2011年に初めてプレミア・リーグへ昇格して以降安定した成績を残している。

スウォンジー・シティ クレスト

上記は、2012年に100周年を迎えた際のスウォンジー・シティのクレスト。同シーズンのイングランド・リーグカップ優勝を果たしている。

それ以外では、ニューポート・カウンティ、レクサム、コルウィン・ベイ、マーサー・タウンが該当する。マーサー・タウンのようにほとんどがウェールズ人というチームもあれば、レクサムやニューポート・カウンティのようにイングランド人の方が在籍人数が多いチームも存在する。

国内リーグ発足以降、関係性が断絶していた6チームだが、1997-98シーズンにFAWプレミアカップという国内リーグと越境チームが戦うカップ戦が発足、2007-08シーズンまで実施された。

2011-12シーズンに、国内リーグのカップ戦であるウェルシュ・カップに限り「越境チーム」の復帰が認められた。実際に、3チームがカップ戦に参加をしたが、1年限りのトライに終わっている。

【次ページ】サンマリノを知っているか