『SportMediaset』は3日、「ミランはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を検討している」と伝えた。

先日のローマ戦で敗北し、今季早くも3敗目を喫したミラン。首脳陣とモンテッラ監督は月曜日に会談を行い、解任の可能性はまだないことを確認したという。

しかしながら、ミランはその一方でインターナショナルマッチウィーク空けのインテル戦で敗れた場合、監督交代の準備を進めるという。

そしてその後のAEKアテネ、ジェノア、キエーヴォ、ユヴェントス戦で望む結果が得られなければ、解任の可能性は高まるとのこと。

その場合、記事によればプリマヴェーラを率いているジェンナーロ・ガットゥーゾをトップチームに昇格させ、今季終了まで指揮を取らせるという。

そして来季からはカルロ・アンチェロッティかアントニオ・コンテを招聘するという計画があるという。

また、他にもフリーになっているパウロ・ソウザ、ヴァルテル・マッツァーリらにも連絡を取っているとも。