『Daily Mail』は5日、「PSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオは、プレミアリーグでプレーしたいという希望を明かした」と報じた。

カルロ・アンチェロッティ監督に見込まれて17歳でデビューし、昨季ブレーズ・マテュイディのポジションを奪い取ったといえるラビオ。

以前から彼にはアーセナルが強い関心を寄せているとも言われているが、どうやらリヴァプールのファンだったそうだ。

アドリアン・ラビオ

「リーグ・アンの外で何らかの経験をしたいと思っているんだ。

多くのとてもいいチャンピオンシップがあるからね。どこか他の場所に行くことは、とても有益なものになるだろう。

僕はプレミアリーグでプレーしたいと思っているよ。必ずしも一つのクラブを選ばないけどね。

それは、僕が小さな頃にリヴァプールを愛していたとしてもね」

プレミアリーグ移籍の希望を公にした彼に今後オファーはあるのだろうか…。