英国の高級紙『Guardian』。

今年も、次世代を担う世界の有望なサッカー選手が発表された。

企画の名は「Next Generation」。2000年以降に生まれた才能ある若手選手60名が選出されており、過去には堂安律や坂井大将も選ばれていた。

そして2017年の今回選ばれた日本人は、FC東京に所属する平川怜だった。

平川は2000年4月20日生まれの17歳。FC東京U-23に所属しており、6日(金)から開幕するU-17ワールドカップに出場する日本代表の中心選手だ。

この企画では『J SPORTS』でコメンテーターを務めるベン・メイブリー氏が選考メンバーに入っており、平川は同氏の推薦。

「No.10の役割や中央での守備が可能なMF」と紹介されている。

なお、同企画では他にヴィシニウス・ジュニオール(ブラジル)、ジェイドン・サンチョ(イングランド)、ヴァンサン・ティル(ルクセンブルク)らが選ばれている。