普段はなかなか“出番”のないサードユニフォーム。それだけに各チームともに趣向を凝らすことも多い。

ここでは、『Squawka』による「今季の欧州におけるサードユニフォーム、ワースト5」を見てみよう。

ウディネーゼ

ウディネーゼ、2017-18サードユニフォーム

サードユニフォームで肝心なのは、新たなカラーやデザインを実験することだ。それだから、素晴らしいものになったり、悲惨になったりすることが多い。

その予測不可能な要素が面白いのだ。それだけでなく、(奇抜なものにすることで)ホーム&アウェイユニフォームで対戦相手とキットクラッシュが起きた際にもサードユニは役に立つ。

以上のことを考慮すれば、ウディネのキットサプライヤー『HS』がなぜホームとほとんど同じサードを投入したのかは、どうやっても理解できない(以下がホームユニ)。

唯一認識できる違いは、黒のストライプが太目のブロックになっていることだ。ウディネがユーヴェとのアウェイマッチを戦う時、このサードが役に立つとは思えない(黄色のアウェイがあるが)。

【次ページ】昨季は絶賛だったのに…