2018年ワールドカップに向けた欧州予選はいよいよクライマックス。

グループCでは最終節が行われ、ドイツがアゼルバイジャン相手に5-1と勝利を収めた。

勝利決定付ける5点目を決めたのは、ドイツ代表でも台頭しつつあるMFエムレ・ジャン。見ている者の度肝を抜く強烈なシュートでゴールを奪った。

味方選手からパスを受けると、迷うことなく右足を一閃!

しっかりと体重が乗ったボールはものすごいスピードで飛んでいき、最後にはGKの手元でさらに伸びていった。エムレ・ジャンはこれが代表での初ゴールとなった。

レオン・ゴレツカがあげた先制点もなかなかオシャレ!

アゼルバイジャンに勝利したドイツは、これで今予選10戦10勝。43得点4失点とまさに文句のつけようのない成績で長い戦いを終えた。