『The SUN』は7日、「クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督は、今の選手たちについて語った」と報じた。

2012年から2016年までイングランド代表監督を務め、ワールドカップにも出場したホジソン監督。

2016年ワールドカップを終えた後は退任してフリーになっていたが、先日選手時代にも所属したクリスタル・パレスの監督に招へいされた。

彼は今の仕事に対して以下のように話し、イングランド代表と比べるとプロフェッショナルな選手がいないと語ったという。

ロイ・ホジソン

「豊かな代表チームでの管理を行った後、パレスのようなクラブで仕事をすることは、笑い事ではないんだ。大抵、良い選手と働くことが出来ないものだ。

したがって、私は選手たちと働くにあたって、毎日少し残念に思うことになる。技術的なスキル、戦術的理解度、そしておそらく努力できるかどうかという資質に。

我々は、選手にプロフェッショナルであることを期待している。サッカーに対して慎重になり、エネルギッシュに、そして情熱的に向かい合う。そして、彼らはそうではないのだ。

それが、折り合いをつけなければならないものの一つなんだ」

(今のイングランド代表は?)

「今のチームはとても、とても強い。私の見解ではね。

まだ選手はとても若い。サッカーのチームとしてのクオリティをすべて備えているよ。

アスリート能力が高く、スピードがあり、技術も高い。戦術を学ぶことにも前向きで、監督が求めることをやろうとしている。

何を欠いているかといえば、もちろん経験だ。クラブでもあまり多くの試合に出ていない。代表でもそうだ。

しかし、それは常に改善されていくものだ。毎年、彼らは強くなっていくと思うよ」